スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なきすぎては いけない

なきすぎてはいけない



タイトルは 絵本の題名です。


先日 テレビでこの本を知りました。
すべてを読み終える(語り)頃には 涙がどっと溢れていました。


絵本から癒しをおすそ分けしてもらいました。。




 




 


++++++++++++++++++++++


なくなったものは だれも

いきているものの しあわせをいのっている

ただそれだけを

だから ないてもいいけど なきすぎてはいけない

わたしが いなくなっても

わたしが すきだったのは

わらっている おまえだったのだから

++++++++++++++++++++++


■内田麟太郎 「なきすぎてはいけない」 より抜粋

Comment

whitetip | URL | 2011.09.02 17:38
綺麗な空に素敵な詩ですね。
打ちひしがれて泣いてる人を慰めようとしてもムリ。
本人が前を向いて歩きださないとね。



Jalan&SEA | URL | 2011.09.03 16:39
whitetipさん こんにちわ!

刻一刻と変化する空模様に久々 見とれた色でした。^^

難しい言葉 いらないんですよね~。
やさしい言葉って そうゆうことなんだな~って
改めて感じました。^^
Comment Form
公開設定

プロフィール

Jalan&SEA

Author:Jalan&SEA
訪ねて頂いて
ありがとうございます。


お返事が遅くなる事もありますが
かならずお返事いたします。^^



【使用カメラ&レンズ】
・携帯(CASIO/Pnasonic)
・Canon EOS KissDigital X
  EFS18-55
  ZOOM EF22-2000
  EF17-40
・TAMRON 28-80  
・OLYMPUS μ

最近の記事+コメント
カテゴリー
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。